かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

『ノウハウ』がもてはやされる現代で。

農業や畑での栽培方法に限った話でもなく、仕事術や家事まで、何から何まで『やり方』が調べればすぐに出てくる時代。

 

以前は、書籍かテレビ、それか人に直接習いに行くしか無かったけれどインターのお陰で誰でも気軽に情報発信が出来るようになって、そしてYouTubeの登場。

 

情報発信がお金になる、仕事にしやすくなったこともあり、現代では完全に情報過多の状態になったと感じます。

 

しかし、その溢れかえる情報には間違ったものやデマもたくさん混じっているし、そもそも発信者自身がよく理解していないことをそれっぽく書いていたり、間違いだと知らずに正しいと思って発信してしまう場合もあるんじゃないかと思いますし、実際にそう言うものにもよく出くわします。

 

話を農業、野菜栽培のところに戻すと、

栽培ノウハウは今やYouTubeに溢れかえる程にたくさんアップされていて、私自身とても勉強になるなぁと思いながら視聴している1人です。

 

それと同時に、私自身もYouTubeで自然農について発信もしているので、その中で『ノウハウ』や考え方も発信しています。

 

だからこそ、尚更に気になるのが自他共に発信している内容が間違っているかもしれないとうこと。

 

農業に限らず、ノウハウや成功法則のようなものは、ケースバイケースで、

『たまたま』その時、その人、その場所では上手くいった

 

というのも少なからず…というか、そっちの方が多いようにも感じます。

 

大事なのは『再現性』があるかということ。

誰でも同じことをやってある程度再現出来るものでなければノウハウとは言いにくくて、特殊なケースだとノウハウというより『事例紹介』の方が正しい。

 

ノウハウ通りにやって上手くいかなかったとしても、上手くいかなかった原因や理由作りは他にいくらでも出来ちゃう。

 

だからこそ、一見正しいように聞こえるノウハウでも実は大した効果や再現性が無いなんてことにもなりかねないし、気付かれにくい。

 

そこのところに気づけるようになるには、自分自身が原理原則を学んで、更には比較検証をする必要もあるのだけど、殆どのひとはそんなことはやらない。

 

だから、ノウハウがエンタメ的に発信されているんじゃないのかなーと思います。

 

 

『田んぼの人魚』

昨日は4組の親子さんと友達1人が来てくださって田植えやりました(^ω^)

今回の子どもたちは、泥への馴染み方が半端ない笑

f:id:hayato774:20210617002130j:image

田植えしている後ろで気づいたら全身浸かっていて頭だけ出てる状態で

『私は田んぼの人魚』

と仰っておりました(^ω^)
同化しすぎててうっかり踏んづけちゃうとこだったよw

f:id:hayato774:20210617002151j:image

↑これ、頭だけでているのわかります?

 

泥から上がると寒かったらしく、途中で着替えるわけにもいかなかったのでそこで下したお母さんたちの指示が

『もう一回泥の中に入ってなさい(。 ・ω・)ノ』

でした笑


そう、田んぼの中の方が温かい。
彼女達がいた場所はまるでイノシシが泥浴びをする『ぬた場』のようになっていてすごく良い状態の田んぼになってました。

しろかきはコレでいいなぁ。

 

全身の泥を落とすために歩いて海へ。

その途中で、再び冷えた体を暖める為にアスファルトに寝そべってましたw

f:id:hayato774:20210617002237j:image

ほんと、子どもの自由な発想と行動、可愛いし面白い✽(′ ᵕ ‵ *)✽

こういうのを見ていると、『除菌』て何なんだろうなぁっていう気持ちになります。

 

菌は友だち。

 

海に到着したら見事に干潮で海岸線が遠い。

貝殻や石で足を切らない様にそろりそろりと歩いて海へ。

 

三河湾は遠浅で、急に深くはならない。

危なくは無いけど、浅すぎて全身洗えない笑

 

そこでアカエイが掘って出来た窪地を利用してそこで泥を洗い落としました。

f:id:hayato774:20210617002607j:image
f:id:hayato774:20210617002611j:image

 

海も山も畑も田んぼもある程よい田舎。

それがハズフォルニア(^ω^)

肥料をあげると大きくなるけど味が悪くなる?

9ヶ月に渡るタマネギの栽培実験。

今回は追肥をするかしないかで

①大きさ

②味

③貯蔵性

この3点で違いが出るのかを比較的するために数種類のタマネギを同じ畝で栽培してみました。

実験結果の①と②はひとまず完了したので、実験方法を簡単におさらいしつつ、その結果をお伝えします

(※YouTubeチャンネル:ちょこっと自然農にて動画を公開済みです)

 

今回の実験は

貝塚早生タマネギ

泉州黄タマネギ

赤タマネギ

ムソナオニオン

と4種類のタマネギ(いずれも固定種)をタネから育てました。

8月下旬から9月上旬に種まきをして50日ほど育苗して畑に植えました。

定植前に、畝には元肥(もとごえ:最初に土に混ぜておく肥料)として軽く米糠を振り撒いて馴染ませておきました。

(1㎡に100gくらいだったと思います、量っておらずだいたい2握りくらい撒いてました)

そして11月上旬に5列で植えて、片側半分には12月、1月、2月の下旬に1回ずつ合計3回追肥を行い、反対側には追肥は行いませんでした。

 

その結果がこんなかんじ↓

f:id:hayato774:20210604191034j:image
f:id:hayato774:20210604191031j:image

重さを量ったのは貝塚早生と泉州黄の2つ。

どちらも左側が追肥無し、右側が米糠か国産油粕を追肥したものです。

 

見た目でも右側の方が明らかに大きくなっているのがわかりますが、それぞれの重さを図ったところ平均して約3倍の違いがでました。

つまり、今回の条件では追肥を行ったら3倍の大きさになったということです。

 

大きさも大事ですが、味ももちろん大事。

加熱して食べ比べるところまでやれたら良かったのですが、生でかじるほうがダイレクトに味の違いを感じることが出来るので、それぞれスライスして味見をしてみると、

 

追肥をして大きくなった方は甘みがほとんど感じられないのに対して、追肥しなかった方は最初に甘みを感じてその後に玉ねぎらしい辛味が来ました。

 

追肥をしなかった方が甘みがあるし、辛味や風味自体もやや強めになっていました。

(※機械で測ったわけではなくあくまで私の味覚による主観です)

 

このことから、肥料を上げれば早く大きく出来るがその代わりに味が悪くなってしまう可能性もあり、だからと言って無肥料だと規格の大きさにまで育たないかもしれない。

 

肥料やその他資材の使い方の技術を使うことで安定して作物を生産しているのがプロの生産農家さんなのだと改めて感じることも出来ました。

 

家庭菜園でも、肥料をあげすぎずにちょうど良い量ややり方を見つけていくことで栽培技術が上がっていくと思うので、良かったら色々と試しながら栽培を楽しんでみて下さい^ ^

 

 

 

 

 

 

卑怯でズルい小悪党の収入源になってしまいました。

悪いことするやつがおる。

 

人のふんどしで相撲を取るとか、虎の威を借る狐さんなんてかわいいもので、ズルくて卑怯な小悪党。

 

何かっていうと、昨日YouTubeの動画をアップしたら普段は付かない『著作権侵害』の注意が出た。

 

私の動画はご存知の通り、

出演者ほぼ私。
撮影地:私有地の畑
BGM:著作権フリーの音源サイトのもの

 

なので、著作権侵害に当たるものに心当たりが全くない。

(某人気ネズミーのTシャツを着ていたとかでもないです笑)

 

んで、注意内容を確認してみるとBGMに使った楽曲の『著作権者を名乗るモノ』が著作権を主張というか、YouTubeに登録していたみたいでそれをYouTubeのAIが検知したみたい。

 

でも、その楽曲はフリー音源、著作権フリーで自由に使ってOKなもの。

 

不審に思ってダウンロードサイトを通じて作曲者さんにこの件報告してみたら、作曲者さん側でも調べてくださり、どうやら悪意ある団体?がこの手の活動を行なっているみたいとのことでした。

 

作曲者さんはとても良い方で丁寧なメールで返信下さいました。

 

幸い、私のチャンネルにペナルティはほぼ無いのだけど、その卑怯で姑息な小悪党に、私の動画の収益の一部が入ってします。

 

金額は微々たるものなのだけど、そういうことをするやつがいるのが悲しくて悔しい。

 

そういうことをする能力、時間、労力をもっと他のことに活かして下さいと、

少しばかりの憎しみもトッピングして、

その小悪魔さん達の更生を願いました。

 

YouTubeに異議申し立ても出来るのだけれど、正当な理由をきちんと説明できないと、最悪の場合自分のチャンネルが削除される場合もあるらしく、ひとまず静観することにしました。

 

YouTubeさん、その辺りの審査を、善意でフリー音源提供してくださってる作曲者さんたちの為にも、頑張って動画を作っているクリエイターさん達のためにも、もっとしっかりお願いいたしますm(_ _)m

生きる力を育むには

『子どもたちの生きる力を育むには火の起こし方とナイフの使い方を教えるべき』

 

と、宮崎駿さんがおっしゃってたそうな。

私のルーツは幼少期に木を削って木刀作って遊んでいたところにあります。

あと、当時はまだ各家庭でゴミを燃やしていた時代だったので、手伝い半分遊び半分に庭のドラム缶で火柱を立てるくらい物を燃やす経験もしていました。

おそらく、ノコギリやカンナを触ったのが5〜6歳、庭のゴミ燃やしも日常だったので小学校低〜中学年くらいにやってた気がする。

小3くらいで学校の教材で工作用の小刀を買ってもらってからはそれも加速。

小学校の休み時間に竹を削って弓矢作ってみたり、木刀作ってたり。

小学校高学年頃にはミニ四駆にハマりカッターで肉抜きしまくり、左手の指は全部一回は切る経験も。

そのおかげで、スパッと切ったら消毒せずにすぐ塞いで2日すれば傷口は塞がるという止血方法もマスターしました。ポイントは傷口の固定。


何が言いたいかと言うと、

今日の12〜16時に一色町のスバコさんで刃物の展示販売会やってるよって宣伝でございます(^ω^)

 

『生きる力の根っこを育むナイフ』

f:id:hayato774:20210523080630j:image

これは佐久島の根っこを育む自然塾さんの子どもたちの要望を大塚刃物鍛冶さんが実用性を考慮して形にしたものです。

 

この『根っこナイフ』は、子どもたちに持たせるには少し高価かもしれないけれど、物を大切にする子には買ってあげても良いかもしれないし、大人が握っても使いやすい大きさで作ってあります。

 

 

f:id:hayato774:20210523080556j:image

↑この写真の右3本は、私も初めて見た&入荷した物で、今回は販売する予定ありません(^q^)

使ってみないとどう言うものかわからないのでおすすめ出来ないというのは建前で、これ次に作ってもらえるかわからない物だったりするからです(´౪`)笑

とりあえず持っていくので、見たい方は声かけて下さい(´・∀・`)
この3本は展示していませんm(_ _)m

 

9月26日に幡豆の祐正寺さんで行われる

はずのてらいちにて販売するかもしれませんし、その時には追加の刃物も入荷できているかもしれません^ ^

(大塚さんがとても忙しいみたいで入荷は未定です…)

2度目の脱サラから3年。好きなことを仕事にするには。

3年前は、言ってみれば2度目の脱サラした年でした。

 

この時は全然収入無かったけど、
今はこれが仕事ですって言えるくらいは稼げるようになってきました^ ^

 

行動するだけで10人に1人の才能

それを数ヶ月、1年続けられれば100人に1人の才能

行動を起こして続けるだけでも100人に1人の逸材になれる。

あとは、それをどうやったらお金に出来るか考えて工夫して続ける。

1年真剣にそれをやれば月に5〜10万は稼げるようになるはずなんよ。

今はやり方やノウハウ、考え方も無料でいくらでも手に入る時代。

のんびりやっても3年続けたら出来ると思う。
望む未来があるなら…とまではいかなくても、
今のままが嫌だと思うなら今日からでもちょっとずつでも頑張ってみよ^ ^

行動しなければ、
悪い風に変わることはあっても良い風に変わることは滅多に無い。

ちなみに、最初の脱サラする時は、会社勤めしながら動き回ってて睡眠時間は3〜4時間だったよ。
今はもうそんな動き方出来ません(´౪`)笑

それに寝る時間削れば成果が出るわけでも無いです。
頑張り方を間違えると経験値にはなるけど成果は出ない。

今出ている成果もいつまで続くかわからない。

だから行動と改善は常に積み重ねる。

最近口に出して

『私はすごい!出来る!』

って家でつぶやいて仕事してるよ(^ω^)

他人に対しては謙虚で丁寧な接し方を心がけて、
自分自身には過大なくらい評価を与えて自分で自分が有能優秀だと思い込み行動する。

…逆をやったら最悪ですな(´・∀・`)
そうならないように気をつけよっと。

1つ出会いから好きな事が再燃して仕事になった話

『好きなことを仕事にする』

そんなことが言われ始めて久しいです。

ご存知の通り、刃物販売もさせて頂いておりまして、こちらが毎回売れ行き絶好調で、今日もぽぽぽーんと1〜2万円する包丁やナイフが売れて行きました。

 

f:id:hayato774:20210517220724j:image

私の場合、この刃物鍛治さんの作品に惚れてしまい、

 

たくさん所有したい!

 

でもそんなに包丁あっても全部使いきれない…

でも欲しい…

 

あ、それなら自分が販売しちゃえばいいんじゃね?(´・ワ・`)💡

 

ってノリで鳥取に何度も通って信用して頂いて個人で代理店を始めさせて頂きました。

 

毎回、仕入れのたびに品物が届くとワクワクウキウキですし、注文をするのもとても楽しい。

売れ残っても良い、むしろ手元にいて欲しいとすら思ったりするけれど、見事にどんどん売れていく。

 

1人ずつだけど、『本物の日本の包丁』を購入して使いはじめる人たちが増えていっている。

 

実は、子どもの頃に思った将来の夢の一つが鍛冶屋さんでした(´・∀・`)

 

刀が好きで剣道始めたくらいだったので。

その刃物好きが、大塚刃物鍛冶さんに出会って再燃してそこから刃物のことや包丁研ぎを独学で学び直し始めたんです。

 

好きなことはいくら勉強しても楽しく吸収していける。

 

30歳超えててもどんどん覚えられるし興味が湧いてくる。

 

とはいえ、やはり代理店ともなると仕入れの量や金額が一回当たり数十万円になるので、最初はやはり不安でした。

 

まだお金に余裕もほとんどない時だったので売れなかったらどうしよう…という気持ちもありました。

 

それでも、不安よりやってみたい!あの刃物をたくさん仕入れたい!という気持ちが勝って始めました。

 

その結果、もう何回か仕入れていますが毎回ほぼ売り切れて手元に在庫はほとんど残らなくなりました。

 

元々入手困難な品物でもあるし、他で売っているところも少ないし、何より大塚さんの作品には実用性を兼ね備えた美しさと無骨な魅力があるとてもユニークな品物です。

 

そして、ユニークな商品だからこそ語り尽くせないほどの魅力があってそれを話すだけで簡単に差別化できるし、私自身が本当にこの刃物たちを気に入っているのでその感情も相まって伝わっていっているようです。

 

おかしな話ですが

『売れなくても良い』くらいの気持ちで接客してます笑

 

むしろ、『売れるとちょっと寂しい』くらいの気持ちでその魅力を全力でお話しさせて頂いてます^ ^

 

もちろん、商売なので全く売れないとそれももちろん困るので、売れるのは嬉しくありがたい事ですし、こういった本物の品物が少しでも広がることで、伝統的な技術が受け継がれていくお手伝いに少しでもなれたらいいなと思っています。