かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

チャンネル登録者5,000人!ここから正念場!

10月13日(日)の夜、私のyoutubeチャンネル

『ちょこっと自然農』

のチャンネル登録者さんが5,000人を超えました(^ω^)

f:id:hayato774:20191015150720j:image

ありがたや(๑´∞`๑)

 

チャンネル開設したのは2018年の1月で動画を上げ始めたのは2018年の2月から。

 

そこからカウントすると、1,000人越えるまで1年、5,000人まで1年8ヶ月かかって、かんたんには伸びていかないなぁ…

 

と思ってたけど、先日ふと月間の動画投稿本数を整理してみたら↓こんな感じになり、

f:id:hayato774:20191015150939j:image

振り返ってみたら、本気で始めたのは12月からみたいなもんだなと。

 

そう考えると、3ヶ月で1,000人超えて4ヶ月くらいで収益化して、10ヶ月で5,000人。

収益の方も少しずつ伸びて現在は月に数万円頂けるとようになりました。

f:id:hayato774:20191015150655p:image

とはいえ、作業時間を考えると編集だけでも毎日3時間以上、長い日は5〜8時間編集作業。

それをだいたい毎日。

 

それで月に数万円。

 

これを時給換算した仕事と捉えると全然大したことないどころか見合わないくらいかもしれない。

 

でも、YouTube発信の魅力はそれだけじゃない。

 

自分の伝えたいことを発信できて、それをいっぺんに数千人、時には数万人の人に伝えることが出来る。

 

私の動画の平均再生数は2,000回くらいだけど、ありがたいことにジワジワと再生数が伸び続けるものが多い。

 

これは収入的にも魅力的なもので、積み重ねることで継続的な収益源になってくれる可能性もあります。

 

とはいえ、ここで休むとすぐに再生は伸びなくなって、新しい登録者さんも増えていかない。

 

今からが本当に頑張りどころ。

 

農業系YouTuberでは、多い方でも登録者数は4〜5万人。

(すでに他のチャンネルで人気の方が農業や畑をやってみた場合を除いて)

 

今の伸び方だとまだそこに行くまでにも2〜3年は掛かりそうだけれど、どこから加速するかもわからないのがyoutube

間違いなく今までよりは伸びやすい状態になってきているはず。

 

今年度内に1万人

来年中に3万人、

再来年には5万人…いや、動画市場の伸びも考慮すれば10万人も夢じゃ無いはず!

 

2021年末には10万人の方々に情報お届け出来るような農tuberを目指して頑張っていきます!

 

ということで、これからも宜しくおねがい致します\\\\ ٩( ‘ω’ )و //// 

台風19号通過中のミケと災害について考えてみるほしの。

ミケ

『台風こわいからね、避難してるの』

f:id:hayato774:20191015154945j:image

というアフレコを勝手につけて可愛い可愛い騒いでいる親バカならぬ猫バカです(๑´∞`๑)

 

一日数回は可愛いと言ってる。

 

嫁にはまったく言わないのに猫には可愛いと言う…

 

その代わり、一緒に猫に向かって可愛い可愛いと言ってます。

 

そうか、これが夫婦とは見つめ合うのではなくおなじ方向を見るべきパートナーということか(・ω・)ハッ‼︎

(↑多分違うと思う)

 

そんなこんなをやりつつ、嫁は昼近くまで寝て起きて服の断捨離してワインのんでまた夕方までお昼寝をする(私はいざという時の為に起きてて、動画編集してた)

というくらい、私たちの住んでる地域(愛知県西尾市ハズフォルニア)は大した雨風ではありませんでしたが、ニュースを見てみたら関東や内陸の方が大変なことになってました…

 

進み方次第ではうちの方でも大変な被害が出ていたかもしれないと思うと、日頃から防災の意識を持って準備をしておきたいなと思いました。

 

…思いましたけれども、実際にその行動を起こし、更に継続的に備え続けられる人はごく少数なんだろうなと思ったりもします。

 

そして、個人個人の災害への備えと同時に行政の役割を確認すると共に、出来ることなら災害そのものが起きにくくなるにはどうしたら良いかと考える人たちが増えたらいいなとも思いました。

 

地震ばっかりはどうしようもないけれど、気候変動はもしかしたら私たちの行動で変えられるんじゃないか?

 

山を手入れして土砂災害を起こりにくくすることはもっとやれるんじゃないか?

 

そして災害でライフラインが断たれたとしても緊急時の自給生活が出来るような住環境や地域にもしていくことも出来るんじゃないか?

 

と色々考えを巡らせてみました。

 

私は、作物を栽培しつつ微力ながらも環境整備をしていきたいと思います。

野菜を切る時の音と包丁の話

野菜を切るとき、どんな音がしていますか?

 

『ザクッ』『ジャコッ』『バリッ』

 

こういう音がしてたら、それは切ってるというより、繊維を潰したり、割ったりしてるんじゃないかと思います。

 

よく切れる包丁でうまく切ると音がしないか、まな板に当たる『トンッ』て音しかしないです。

 

良い包丁、あります( • ̀ω•́ )✧

f:id:hayato774:20190930104609j:image

 

ちなみにどんな包丁でも切れ味は研ぎで決まります。

 

100円の包丁でもしっかりきっちりら研いだら素晴らしい切れ味になります。

 

なら100円の包丁と1万円の包丁の違いはどこにあるか?

 

それは、研ぎやすさと切れ味の持続性です。

 

安い包丁は研ぎにくく、すぐ切れなくなります。
良い包丁(家庭用の場合)は研ぎやすく、永切れ(切れ味が良い状態が続くこと)します。

料理のプロにとっての良い包丁は、どのジャンルか、何を求めるかで変わります。

 

硬い包丁は研ぎにくく欠けやすいので扱いが難しいけれど、切れ味では最高のものが出来ます。

 

ステンレスは研ぎにくく、鋼の包丁に比べて切れ味は一歩遅れを取る感がありますが、錆びにくいので業務用調理の現場だったり、味付けや加熱調理を前提にした洋食料理では重宝されます。

 

なので、ご家庭で使う場合も、自分でメンテナス出来るか出来ないかで鋼かステンレスかをまず選んでみたら良いかと思います(^ω^)

 

研ぎまでは出来なくても、使った後に綺麗に拭き取って保管しておけるなら鋼の包丁で時々研ぎに出せば良いですし、とにかく雑に扱っても大丈夫ものが良ければ、柄までステンレスで一体成型されているものがおススメです。

そういった場合は、日常は簡易研ぎ器を使ってたまに研ぎに出して調整してもらうのも良いかと思います。

今日は釣りの先生、明日は包丁販売人

今日は佐久島釣り教室の日でした。

f:id:hayato774:20190929220417j:image

 

↓主催の根っこを育む自然塾のHP

http://nekkojuku.com/

各種コースの詳細やお申し込みはこちらからどうぞ(^ω^)

 


雨予報だったけれどウソのようにすっかり良いお天気に。

 


毎回なんしか先生らしくそれなりに良いお魚釣ってきたけれど、今回は不発…

f:id:hayato774:20190929220428j:image

↑こういうチビちゃんは狙えばいくらでも釣れるのだけど、食べるところも少ないし、逃すにしても傷付けてしまうだけなので穴釣りはちょっとやって辞めました。

 


良いサイズのイカ(いわゆるトンカツサイズ)をバラしたのがほんとうに悔やまれる_(:3」∠)_

 

↓まだ新しいスミの痕…

f:id:hayato774:20190929220729j:image


うわああああやっちまったーーーーって叫んで堤防に倒れこんだよ笑

 

帰宅した後は疲労のためか横になったゴロゴロしてます。うごけねぇ└(┐Lε:)┘

 


そんなこんなでなんしか畑以外のお仕事の毎日ですが、明日は一色のカフェsubacoさんで13時くらいから包丁販売員として在廊してますので、10月1日火曜までとなった今シーズンラストのsubacoさんのかき氷食べにいらっしゃるついでに私の包丁講釈でもお聞きにいらしてくれたら、あっしは嬉しいでやんす(^ω^)

f:id:hayato774:20190929220910j:image

 

f:id:hayato774:20190929220925j:image

 

f:id:hayato774:20190929220945j:image

 

ご家庭の包丁研ぎも2週間程度のお預かりで承っておりますので、包丁研ぎのご依頼だけでもいらしてください(^ω^)

 

subaco lifedesign&Co.
〒444-0401 愛知県西尾市一色町池田八王寺25
0563-77-6780
https://goo.gl/maps/82jwzPSJWxCNmAgW9

 

朝から包丁販売!

依頼を受けて包丁の展示販売@みやもとさんち。

 

f:id:hayato774:20190927124335j:image

私の包丁についての話を聞いて下さってるうちに

 

「ドキドキしてきた!」

「どれにしようか…悩む…」

 

と大塚刃物鍛治さんの包丁の魅力が伝わったようで早速1本ずつ購入してくださいました(๑´∞`๑)
ありがとうございます😊

 

↓実際に持ってみて使う時のイメージしたりして選んでました。

f:id:hayato774:20190927124353j:image

 

↓人気の菜切り包丁と万能包丁がちょうど今朝届いた!

f:id:hayato774:20190927124428j:image

 

ご依頼があれば包丁コレクション持って伺ってあれこれ説明したり手にとっていただいたり、実際に野菜などを切って頂くことや、包丁研ぎについてもおはなししたり、時間を取れるならその場で研ぐことも出来ます!

気になる方いましたらご連絡ください(^ω^)

 

f:id:hayato774:20190927124510j:image

 

とりあえず、明日は15〜20時の岩瀬文庫のイベントに包丁販売と研ぎをしに出店してますのでお時間ある方は遊びに来てね!

 

現在、1番売れ筋の「万能包丁」と「菜切り包丁」の在庫が数本ずつあります!

 

次の入荷は多分早くても3ヶ月、長いと半年〜1年後くらいになりますので、簡単には手に入らない一生物だけど高すぎない家庭用の包丁を探しているという方は是非(^ω^)

 

なんでも簡単にネットで買えてしまう時代だからこそ、簡単には手に入らなくて、しかも手入れにはちょっと手間がかかる。

それでも一生使い続けられるような道具の価値が見直されるようになってくるんじゃ無いかなって思います。

枝豆を夏に食べようとすると無理が要る

結婚パーティで出すサラダを自分で作るよ!

 

タネから\\\\ ٩( ‘ω’ )و ////

 

ということで、恵の雨の滴る中種まきしてました。

 

f:id:hayato774:20190918140931j:image

 

となりの畝の大豆がもたげてきて邪魔だなぁと起こしてみたら、あらやだ出来てるじゃない(๑´∞`๑)

f:id:hayato774:20190918140943j:image

エダマメだー!

 

枝豆といえばビールの美味しい7〜8月に食べたいと思うでしょうけれど、その時期に収穫できるようにするには4月〜5月頃に種まきせねばならないのだけど、その時期だとかなり虫に食われてうまくいかない。

 

けれど6月〜7月にまくと全然虫に食われずタネ撒いて放ったらかしにしといてもできちゃう。
あ、草取りはしてあげた方がいいけどね。

f:id:hayato774:20190918141004j:image

これは小粒の白大豆を6月25日に直播きしたもの。もちろん無農薬、無肥料、不耕起、水やりもしてない。

 

 

耕さず、農薬も肥料もつかわず、タネを撒いて踏んづけて放っておいて時々草取ってあげるだけでこんだけできるんなら、夏は我慢してもいいじゃない(๑´∞`๑)

 

試しに収穫してきた枝豆は今晩のおつまみになります。

 

ああ楽しみだ(๑´∞`๑)

野菜は草の管理さえ出来れば育つ説

トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、カボチャ、オクラ、大豆、小豆、ジャガイモ、サツマイモ、大根、ニンジン、カブ、ブロッコリー、白菜、キャベツ、レタス、ルッコラ、小松菜、水菜…

 

何かっていうと、苗や種を植えた後、草の管理さえすれば育つ野菜を自分の経験から書き出してみたんだけど、、

 

逆にそれ以外の手入れしなきゃ収穫出来ない野菜が思い当たらない。。。

 

あ、土は良い状態に落ち着いていて畝は作られた後に苗や種を植えた状態としてね。

 

 

草に埋もれやすいものや、逆に草よりも強い野菜なんかもある。

 

 

もちろん、間引いたり支柱立てたり芽かきしたり土寄せしたりとか色々やれば収量や品質は上がるのだけど、とりあえずタネ蒔けば何かしら出来るのが日本の気候風土。

 

水やりすらせずにこれだけ豊富な野菜が育てられるなんて、世界的にみたら奇跡の土地だと思う。

 

オーガニックでの野菜栽培は別に難しくないんです。

 

ただ、工業製品ように形や品質を揃えて、安定的に効率的に生産出荷しようとした途端に一気に難しくなる。

 

そこのところさえクリアに出来れば、もっともっと日常的に自然農の野菜を手軽に食べてもらえるようになるんだけどなって最近考えてる。

 

f:id:hayato774:20190918205137p:image