かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

世間でイメージされる農業やって田舎でスローライフってやつ。

自然農法9年目。

 

↓今朝のピースファーム1号地。日本海側は雪が降っていてこちらも気温は低いけれど日差しは暖かいです。

f:id:hayato774:20190402100216j:image

 


私の場合、細かい作付け計画は殆ど作らず、過去の経験と感覚、その時畑の状況で決めてます。

 

↓開花のピークは過ぎてタネをつけ始めたルッコラの花

f:id:hayato774:20190402100201j:image


その日の作業も、とりあえず畑に行ってみてぐるっと散歩してみてから考える。

 

↓こちらも開花のピークは過ぎつつあるホトケノザ。紫色の花が可愛くきれい。

f:id:hayato774:20190402100417j:image


日が沈むか、疲れたら帰る。


そんな感じで、たぶん世の中の

「田舎で農業やりながらスローライフ

のイメージに近いやり方やってるんじゃないかと思う。


楽しいし心地よいです(๑´∞`๑)

 

↓ぺんぺん草が愛称のナズナ春の七草だけど、花が咲き始めると固くなって美味しくはなくなる。董立ちする前の早春はそのままでも食べられるくらいに柔らかく野菜のように美味しい。

f:id:hayato774:20190402100519j:image


ただ、問題はこのやり方でどうやったらお金を稼げるか。

 


「お金を稼ぐ=社会へ価値を提供する」

 


ということが出来なければ、仕事ではなくただの趣味。

まだまだ未知数だけれども、ここ最近のSNSのおかげでとてもやりやすくなってきてる。

 


定期的な宅配販売や出荷を辞めたことで、ものすごい気が楽になった。

 


「野菜を出荷しない百姓」

 


というスタンスで野菜を育てつつ、お客様にウチの野菜を丸ごと感じで食べて貰える方法をやっていくつもりです。

 


そんなに大人数でなければ、ピースファームで生えてる野菜をとってその場で食べるDSB(ダイレクトサラダバー)付きのバーベキューや、収穫体験などは適宜受け付けておりますので、そういうのをやってみたいという方はご連絡下さいませ(^ω^)

 


だいたいお一人2,000円〜3,000円くらいで野菜の収穫プラスαの体験が出来るくらいと思って頂ければ大丈夫かと思います(。 ・ω・)ノ

※人数や内容によって変えられます。

 

↓こちらも開花のピークは過ぎてタネが出来始めた菜花の一つ、紅菜苔

f:id:hayato774:20190402100706j:image

 

 

カエルたちも冬眠から出てきて鳴き始めました。

そろそろ田植えの準備もしなくちゃね。

子どもたちとイベントで触れ合って思うこと。

昨日今日と、2日間ハートtoハートさん主催のイベントに出店してきて述べ150人くらいの子どもたちに弓矢撃ちと手裏剣投げの体験を提供してきました。

 

f:id:hayato774:20190331223315j:image

 

f:id:hayato774:20190331223331j:image


f:id:hayato774:20190331223336j:image


…疲れた!笑

楽しいけどね、体力がね笑

 


4歳〜12歳くらいの子たちだったんだけど、これだけの人数見ると中にはものすごいセンスが良くてすぐにモノにする子や、なかなか上手く出来ない子もいる。

 

f:id:hayato774:20190331223421j:image


5回中1回刺さって、その1回が楽しくてまたやってくれる子や、マスタークラスに弓矢を扱う子が出てきたりと、教えながら面白いもんだなと思ってました。

f:id:hayato774:20190331223428j:image


子どもの頃から木刀作って振り回したり、弓矢作って遊んだりしてたことが、今こうして仕事にも出来てる。

 


機械を使ったゲームも面白いけれど、自分の手で素材を集めて加工して遊ぶのも面白いぜ。

 


ただ、都市部はおろか田舎ですらそれが簡単に出来る現代ではないのかもしれないけれどね。

 


そういう子たちが、思い切り自由に遊べる場所や機会作りはこれからもやっていきたいなと思ったよ。

今日も現物支給で良いものを頂きました!

今日もアサヒ農園さんの打ち合わせについて行ったら、とても良いものを頂きました(๑´∞`๑)

f:id:hayato774:20190327004719j:image

アメリカの固定種のタネカタログッッッ!!

中身は珍しい野菜がてんこ盛り!

f:id:hayato774:20190327005230j:image


しかもこの厚さ!

f:id:hayato774:20190327004736j:image

いやぁうれしいわい(๑´∞`๑)
この表紙、地球の周りの星たちが全部タネで表現されてるんですよ。めちゃかっこいい。

 

帰り際に、更なるお土産頂きました。
食用にもできるジャガイモの種芋。

70キロも。

70キロて!!

10キロ3,000円くらいなので、2万円分頂いてしもた笑

 

…もう60キロ分植えてあるんだけど、更に植えるかな。

ちょっと実験として過密に植えたらどうなるのかもやってみよう。

 

あとは、食べよかな。

消毒していない種芋だそうで、芽は出ているけれど食べても問題ないそうです(^ω^)

桶の修理やってみた。

みやもとさんからメッセージ受信

 

「木のタライ直せる?」

 

うーん、やったことないけどとりあえずやってみます(。 ・ω・)

出来なかったらごめんねー。

 

ということで、見に行ってみたところ、これはその場で直ぐに直せるやつじゃないと思ったので持ち帰り。

2つ分。1つは完全にバラバラ。もう1つは底板が外れた状態だったけれど、

持ち帰ってきたところで、かろうじてまとめてくれていたタガが、外れてご覧の通り。

f:id:hayato774:20190324220131j:image

こっちもバラバラになってもうた( ꒪﹃ ꒪)

 

けど、まだ組み合わせがわかるだけマシ。

さてさてどうやって直そうかと考えて、竹串を留め具として仕込んで形成しようとしたものの、上手くいかず…ばらけてしまう…

 

うーん、どうしたもんかなぁ…と思って、

ガムテープで仮止めしてみるか。

 

と、これがうまく行き、外枠の形を再生し、タガをはめることができました。
f:id:hayato774:20190324220117j:image

直してみて分かる手順。

外枠作って、タガを2つ締めすぎずにはめてから、底板を取り付けて当て木をしながら叩いてはめる。

最後にタガを締めなおして完成。f:id:hayato774:20190324220121j:image

最初からタガを締めすぎると底板がハマらず無理に叩くと割れてしまう。

 

なるほどなるほど。

それと、木のタライは時間とともに痩せてくるからどうしてもタガが緩む。

なので定期的に締め直す必要があるんだね。

今回のは、緩んだまま使い続けていたから壊れたというか外れてしまったんだろうな。

 

続きましてバラバラの2つ目。
f:id:hayato774:20190324220159j:image

…パズルでした笑

 

どれとどれが隣り合うのか探しつつ仮止め。

 

なんとか出来た。たぶんこれで合ってるはず。
f:id:hayato774:20190324220149j:image 

底板取り付けるまえにタガを締め過ぎてしまい調整…

 

無事直りました(^ω^)
f:id:hayato774:20190324220135j:image

 

それにしても昔の方々の作る道具は素晴らしいですね。

手入れや手直しが出来るように作られている。

 

現代の安いプラスチック製品には真似できないことですね。

切り干し大根をつくってみたよ。

 

鍋いっぱいに入った短冊切り風に切られた大根たち。

f:id:hayato774:20190315232226j:image

 

干し網にいれて干していきます。
f:id:hayato774:20190315232222j:image

 

3月11日
切り干し大根がいい感じに出来てきました(^ω^)

干し野菜なら保存きくし、一度にたくさん出来ても対応できるから、いずれは刃物と干物を一緒に販売しよかなとか、半分ネタ、半分本気で考えてます笑

f:id:hayato774:20190315231958j:image

 

3月14日

びっくり。

切り干し大根が、そのまま食べて甘くて美味い(°Д°)いいオヤツできた(๑´∞`๑)まだちょっと半ナマくらいだからそのままでも食べられるちょうどいい感じだけど、保存食としては未完成。

f:id:hayato774:20190315232016j:image

 

3月15日

干し大根が上手いのかほしののほしだいこんだからうまいのか…

切り干し大根とニンジンでパスタつくった。
ササミみたいにみえるのがほしののほしたほしだいこん。

f:id:hayato774:20190315231746j:image

 

この後もまだ干し続けるのと、まだ畑に残っている大根を片付けつつさらに切り干します(^ω^)

自然農法の菜花は苦く無い。

テレビつけたら菜の花の調理法やってて、すごい違和感感じたのが、しきりに「苦味を抜く」って言っていること。

 

…苦いのか?市販の菜の花は。

 

うちの菜の花たちは、どの菜っ葉のものでもそのまま食べても苦味なんて殆ど感じない。むしろ甘みすらあるくらい。

f:id:hayato774:20190314004629j:image

 

その苦味って、窒素過多(肥料のあげすぎ)による硝酸対窒素によるエグミなんじゃない??と思ってしまう。

 

美味しい野菜は料理も簡単。


ウチの野菜はほとんどが生のままでも美味しく食べられるくらいにエグミや嫌な苦味が無いから料理も簡単にできます。

切って炒めて塩胡椒ふる。

これだけで十分。

f:id:hayato774:20190314004500j:image
農薬を洗い落とす手間も、エグミを抜くための下処理も要らない。

YouTube上での脱社畜派とそのアンチ派の論争に思うこと

最近YouTube上で、「起業を勧める派」とそれに対しての反対意見「安易な起業煽りは危険」というのがちょっとしたトレンドになってる。

 


どっちの話にもうなづけるポイントがあるので両方聞いて考えてみるのが良いんだけど、現状に不満、将来に不安があるのなら、生活が脅かされない程度のリスクを取りつつ行動を起こすところから始めるのが良いんじゃないかと、

 


10年前に勢いで会社辞めてその後とっても苦労してようやく落ち着いてきた私が言ってみる(。`・ω・)キリッ

 


自慢するわけじゃ無いけど、私くらい色々な事やれても食っていけるようになるまで10年間は試行錯誤だったし、これからもどうなるかわかったもんじゃないのが独立して仕事をするってこと。

 


人には向き不向きがあって、仕事のやり方としては今みたいに自分のやりたいことを追求していく方が頑張れるから、私はこっちが楽しいのだけど、生活にゆとりを持てるのは会社勤めだとも思うよ。

 


会社辞める前の1年間くらいは毎日3〜4時間睡眠でダブルワークしてたし、辞めた後も収入を確保する為にアルバイトを3〜4つ掛け持ちしてたけど、日々貯金はすり減っていく怖さがあった。

 


それだけ頑張っても、報われない苦労もたくさんあったけど、それは今思えばトレーニング期間だったとも思える。

 


数年続けてもうダメだ!と思ったところで区切りをつけて自分の好きな事得意な事で人に必要とされる事を見つけ出して工夫してやり続けて今がある。

 


もう、20代の頃のようには頑張れません笑

 


毎日8時間は寝たい( ˘ ω ˘ )スヤァ…