かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

家庭菜園・ガーデニング初心者にお勧めの読みやすい本格的農業書!

 

 

 

農業に関する書籍のレビューです。

 

今回は、農業関連の本で私が最初に購入(教科書などは除く)して最も影響を受けた本を紹介します。

それがこちら

 

スローでたのしい有機農業コツの科学

スローでたのしい有機農業コツの科学

 

 

私が購入したのは初版のもので、現在販売している物は加筆修正などされていますのでそちらがお勧めです。

内容(「BOOK」データベースより)
農業・家庭菜園・ガーデニングにとりくむ方がたへ。有機農業40年の経験を積んだ農学博士の集大成!うまくいくコツが解明されます!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西村/和雄
1945年、京都市生まれ。京都大学農学部修士課程修了。同大学フィールド科学教育研究センター講師を経て、2007年、退職。専攻は、植物栄養学、植物地球化学。京都大学農学博士。3年前にNPO法人有機農業技術会議理事長職を退任したのをきっかけに、断捨離を決意し、すべての理事長職や役職を退任。著述に専念する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

内容は読みやすく書かれているけれど本格的!

この本の著者・西村和雄さんは京都大学の農学博士さんで、文献や実験室での研究だけでなく全国の農場を見て回りその豊富な経験から書き上げられていて、書式も適度に砕けていて読みやすく、それでいて情報量はしっかりとしていて何度も読み返せる一冊となっていますので、家庭菜園や農業初心者だけどしっかりと学んでいきたいという方にピッタリの本です。

薄くて大判で写真が多い入門書はいかにも読みやすく、手に取りやすいのですが、何度も読み返すほどの情報量は無かったりします。その点、こちらの本は、土の組成や土壌微生物のことなどについて論理的にかつ読みやすく書かれているので、初心者入門者から中級者、上級者へステップアップしていく際にもとても役に立つ本で、私も時々読み返したり調べ物に使っています。

 

そして私がこの本が好きな一番の理由が「ぐうたら農法」というサブテーマ。

つまり、どうやったら楽に農業をやれるか?と言うことを西村先生が考えて試してきたことを中心に書かれているんです。

この「ぐうたら農法」という考え方が私の中で、その後に知る自然農法の祖・福岡正信氏の「いかにして昼寝をする時間を増やせるか」という余計なことはしないという考え方にも繋がっていきました。

 

本書の目次紹介

私が持っているのは2005年発行の初版第2刷のもので286ページでしたが、現行のものは2014年に改訂されて336ページに増えたようです。お得ですね…

その為、目次や内容は多少変わっているかも知れませんが大筋は一緒だと思いますし、むしろブラッシュアップされているはずです。確か著者の西村先生がそう仰ってたきがする。

(ちなみに私は学生の時に直接お会いした時に購入したのでサイン付で持っています笑)

ここから目次紹介↓

第一章 生きている土

1.土とはなにか

2.土の団粒構造チェック

3.土を育てるには

4.有機農業にたいせつな二つの法則

5.育土の具体策

6.土が育つまで

7.緑肥植物

8.ボカシ肥のつくりかたと使いかた(農業者編)

9.ボカシ肥のつくりかた(家庭編)

10.ボカシ肥の補足と注意事項

第二章 植物の栄養

1.栄養バランス

2.植物の必須元素

3.必須元素の欠乏と過剰症状

第三章 作物づくりのコツ

1.作物をうまく育てるには?

2.ナス科

3.ネギ類(ユリ科

4.アブラナ科

5.ウリ科

6.その他の野菜三種

7.マメ科

8.本ものの野菜

9種の保存方法

第四章 病気、虫について

1.はじめに

2.朝の散歩でまなぶこと

3.病害虫を避けるには

4.耕種法とは

5.虫

6.病気

7.まとめ

第五章 ぐうたらの独り言

1.有機農業は異端

2.ぐうたら百姓のきっかけ

3.自然は有限なのだ

4.現代農業が見過ごしているもの

5.土は生きている

6.土がくたびれたら?

7.害虫の見えないミカン園

8.環境保全型農業について

9.二一世紀の「土」の地平

10.おわりに

 

 

いかがでしょう?読みたい内容や気になるところがあればご購入して読んでみてください。私もまた読み返してみようと思いました。

スローでたのしい有機農業コツの科学

スローでたのしい有機農業コツの科学

 

 

 

午後から田原サーフで魚釣り

でるさんからお誘いがあり、午後から遠州灘の田原サーフへ釣りに行ってきました。

 

釣り仲間の中では1番サーフに近いのに1番行かないという私w

今年度2回目です。 

 

お家から1時間ちょっと、軽トラを走らせて14時過ぎに到着。

 

すると、なんと目の前で鳥山発生!

(鳥山とは鳥たちが水面に上がってきた魚達を捕食する為に群がっている様子)

 

よく見ると海面には、黒い帯状の塊が海岸一帯。これは小魚の魚群。

 

すげぇ!

 

興奮してウェーダーは履かずにライジャケと釣竿だけもって海岸まで出て行ったところで、休憩に戻ってきたでるさんに遭遇。

 

話を聞くと、あれはサッパの魚群で今日は朝からずっとこの調子らしく、急ぐほどのものではないとの話に一旦落ち着き(笑)

 

改めてウェーダーなどを装備して再出発。

 

他にも顔見知りの釣り仲間2人が来てて挨拶もそこそこに、早速ジグサビキをつけて小魚釣り開始。

 

ビククーラー(携帯しやすい小魚用のクーラーバッグ)を持ってきてよかった。

順調にサッパを釣って収納していきます。

 

…が、サッパとはいえ小さい。

夏に堤防で釣れるサッパよりも一回り小さく、10センチあるかないかのサイズ。

 

1時間ほどやって20匹。猫たちのご飯にはちょうど良いくらいなので小魚釣りは終了してみんなのところに戻りつつ、ヒラメ狙いに切り替える。

 

すると、隣の釣り人がお魚釣り上げた!

50センチくらいのサゴシ(サワラの子ども)でした。

15:20頃だったかな、干潮からの上げ2分くらいのタイミング。

 

これは地合いか!?

と張り切るも、全然カスリもせず。群ではなく、単体で泳いでいるみたい。

 

そしてみんなのとこまで戻ります情報共有と休憩。

 

常連さん曰く、夕まずめに回遊があるからそのチャンスに気を付けろとのこと。

 

休憩はさみ、16時に再開!

 

だんだんと暮れていく夕日。

 

投げ続けるおっさん4人。他にも釣り人はチラホラ。

 

と、これまた隣の釣り人さんがヒット!さっきと同じくらいのサゴシ。

 

よっしゃー!と張り切るものの、

…釣れない。アタリもない。

 

17時ごろ、つれないよぅ…と思いながら最初のとこに戻ってみると、でるさんが魚ぶら下げてる!

 

今さっき釣れたらしい。これも50センチくらいのサゴシ。良いなぁ!さすがデルサン!!サーフでは謎の強さ(笑)

 

やる気取り戻しキャスト再開!!

 

そしたらまた隣でヒット!!

 

おおおいるやないかーーー!

 

私も釣りたい!

と投げ続ける。

ジグ、シンペン、ミノーなどなど、巻く速さもレンジも色々変える。しかし釣れない。

 

ちなみにデルサンはシンペンのスローリトリーブで釣れたそうです。

 

そして日も落ちて17:30さすがに終了。寒い!

 

私は釣れなかったけど、でるさんがサゴシくれました。ありがとう!

 

帰宅。

f:id:hayato774:20190125114340j:image

サゴシは下処理だけして冷蔵庫へ。熟成させてから食べる。

 

サッパは、小さいので竹串に刺してまとめて魚焼きグリル焼く。
f:id:hayato774:20190125114330j:image

 

こんがり!
f:id:hayato774:20190125114335j:image

 

ミケと一緒に頂きました(๑´∞`๑)
f:id:hayato774:20190125114345j:image

ただ、焼いただけなのにとても美味い!

ミケもやっぱり生の食材だと食べる勢いが違う。モカも最近お魚食べるようになってきたけど、ミケが食べてる間は待機してました。

 

 

今度はもうちょい大きいやつ釣ってくるからねー。

事業所のみんなと平成最後の餅つき!

今日は、おそらく平成最後となるであろう餅つき。

みんなが畑に来る2時間前から準備でスタンバッテマシタ。

 

薪ストーブで火を焚き、お湯を沸かし、もち米を蒸して待機。

f:id:hayato774:20190128095848j:image

 

みんな到着して、食べる準備を整えつつ、餅つき始める準備。
f:id:hayato774:20190128095853j:image

蒸し器から下ろしてからはスピード勝負!

さぁいくぞーーーーε≡(ノ・ω・)ノ

 

ホッカホカのもち米!このままでも美味しいくらいさ!
f:id:hayato774:20190128095903j:image

それをドーンしてバーンしてグニグニーッとしていくわけですよ!

 

↓小突きという作業で、もち米を杵ですり潰すようにして、もち米の形が無くなってまとまっていくまで練っていきます。
f:id:hayato774:20190128095858j:image

この作業が大事。ここで餅の仕上がりの良し悪しが7割くらい決まると言っても良いっす。

だから、テレビとかイベントとかで見るようなペッタンペッタンというのは、ちょっとパフォーマンス的なものであったりします。

そんなにモタモタしてたら餅が冷えて固まっちゃうよー!(°Д°)

と、余計なことを考えながら見てしまう笑

 

とはいえ、小突きの後の餅つきももちろん大事なわけで、ここでのポイントは適度に水を足しながら練りこんでいくこと。

 

餅つきの弟子となったヒロヤス君に指示を出しつつ突いていきます。
f:id:hayato774:20190128095919j:image

突くときの力加減も大事で、弱いと練り込めないし、強すぎると道具が破損して、木のカスとかが餅に混入したりする。

餅が突き破られるかどうかの寸前くらいまでの力がベストです。

そいで、周りの餅を中心に持っていく返し手と、定期的にひっくり返したりして臼に餅が張り付かないようにするなどなど。

 

とかなんとか言ってる間に完成!
f:id:hayato774:20190128095911j:image

この「水を足す」ということを理解してからはすべすべモチモチ感が一気に上がりました(๑´∞`๑)よく伸びる。

前までは、餅が臼や杵にくっつかないようにするためだと思ってたけど、水を加えていくことでよく伸びる柔らかいお餅ななることを知りました。

 

ちぎってあんにつけたらみんなそれぞれのペースで食す!
f:id:hayato774:20190128095916j:image

 

2回目の餅つき分は、持ち帰れるように片栗粉をまぶしてまるまる。
f:id:hayato774:20190128095841j:image

けど、やっぱり美味しくて丸めた内の半分はまた食べてました笑

 

 

そんなこんなで、おそらく平成最後の餅つきも終了しました(^ω^)

ミツロウラップ作り×野菜宅配×包丁研ぎワークショップ

今日は長久手のママさん達のワークショップにお邪魔して野菜の宅配販売と包丁研ぎをやってきました。

 

早速ですが、こちらが完成したミツロウラップ!

f:id:hayato774:20190116180026j:image

私の愛用の手ぬぐいをミツロウラップにしてもらいました(^ω^)

 

ビフォーはこちら

f:id:hayato774:20190116180255j:image

質感の違いまで伝わる…かな?

わかりにくいね笑

 

どんなふうにミツロウラップになったかというと、簡単に説明すると、

 

①ミツロウを湯煎で溶かす

 

②お好みの配合でホホバオイルなど加える。液体のオイル分が多い方が出来上がったラップがしなやかになります。

ミツロウ100%だとバリバリした感じになる。

 

③混合して溶けたミツロウをハケなどでラップにする布に塗りたくる。多少塗りムラができても大丈夫。

 

④ロウを塗った布をキッチンペーパーで挟んでアイロンをかけてロウを均一に伸ばす。

この時に塗りムラが有れば、細かく削ったミツロウを振りかけて再びアイロンをかける。

 

⑤干してミツロウがある程度固まったら出来上がり。※多少ペタペタします。そのおかげでミツロウラップ同士がくっつく。

 

これで出来上がり。

けっこう簡単だし、塗りムラができても大丈夫なので小学生でも作れるそうです(^ω^)

自由研究に良いかも。

 

注意点としては、あまりに熱いものだとミツロウが溶けてしまうので、アツアツのご飯を直接包んで握ることはしない方がよくて、握って少し冷ましたものを包んで持っていくのが良いです。

60℃以上だと溶ける、人肌程度なら殆ど溶けないくらいです。

ちなみに溶け出しても身体には無害なもので出来てるので、ちょっとハチミツのような風味が付くだけで食べても大丈夫だそうです。

ただ、アレルギー反応が起こるかもしれないので1歳未満の赤ちゃんが食べるものは包まないようにした方が良いとのこと。

 

使用後は基本的は水洗い。お湯や洗剤で洗うとミツロウが取れて、布に戻り易くなる。

 

なので、あまり油分の多いものは包まないようにします。

 

そして、使ってるうちにだんだんと元の布に戻ってくるそうだけど、そうしたらまたミツロウを塗れば良いです。メンテナンスして繰り返し使える。

 

制作過程の様子写真

それぞれお好みの布を持参。綿100%で薄めの布がよいです。手ぬぐいとかベスト。

f:id:hayato774:20190116181710j:image

 

ムラを塞ぐ為のミツロウフレーク作り。
f:id:hayato774:20190116181702j:image

おろし金だと目が詰まって削れ無いのでスライサーみたいなやつがよいです。ただし、使用後にはミツロウがひっつくので熱湯をかけて溶かさないといけない。

 

アイロン掛けるとロウが染み出すので、上下にキッチンペーパーと更に漏れ出しても大丈夫なように土台を敷いて、アイロンも出来れば使わなくなったものなどがよいです。アイロンにもくっついちゃうから。
f:id:hayato774:20190116181653j:image

 

干して、固まったら完成。乾く訳ではないです、ロウが冷えて固まるのを待つ。
f:id:hayato774:20190116181657j:image

 

出来上がったラップたち。
f:id:hayato774:20190116181706j:image

 

小さいお子さんがキャラクターものの包み布(ラップ)におにぎり包んで欲しいってリクエストをもらったらこれで作ると良いですね。

キャラクターもののラップって使い捨てるには高いものが多いので…

 

 

…という話と作業を、私は包丁研ぎながら聞いていました笑

私のラップは参加者さんに作って頂きました(๑´∞`๑)ありがとー!

 

ラップが出来たところで私の出番。お野菜の説明と大根の試食に、研ぎたての包丁で千切りにして提供しました。

大根なのに、甘みがあって、小さなお子さんがリンゴ?と言ったくらいです(๑´∞`๑)

↓持ってきた野菜セットの内容説明中

f:id:hayato774:20190116182742j:image

 

本日研いだ包丁たち。1番右のは私の。
f:id:hayato774:20190116182746j:image

いつものように新聞紙をしゅぱーって切って見せたら皆さん驚愕の悲鳴があがる笑

気をつけて使ってね笑

 

↓大根を大事そうに抱える男の子。かわいい(๑´∞`๑)気に入ってくださって何よりです。
f:id:hayato774:20190116182749j:image

 

と、こんな感じで他の方のワークショップにコラボして、野菜の販売と包丁研ぎやるのは良いなぁと思いました(๑´∞`๑)

 

ご要望がございましたらご連絡ください(๑•̀ㅂ•́)و✧ 

初めての船釣り!@引本浦

釣り仲間が小型船舶の免許を取ったので、彼の操縦で初めて船釣りに行ってきました\\ ٩( ‘ω’ )و //// 

 

レンタルボートはフィッシングオザキさんを利用させて頂きました。

親切にポイントとか教えてくれたよ。

 

いつもの釣り仲間、30代のおっさん4人が徹夜で三重県まで走り、朝7時に出航。

 

教えてもらったポイントを順に回り最初のヒットは船長のアジ泳がせ。

一同の期待が高まる中上がってきたのは…

 

エソ!お前かー。40センチくらいのなかなかの大きさ。

 

私が頂く事にしました(^ω^)

釣り人からは嫌われるけど、結構美味しいんだよ。小骨が多いのさえ調理でなんとかすれば。

 

いまいち魚のアタリが無い中、わたしにも最初のアタリ!

 

釣れたのは、
f:id:hayato774:20190113162659j:image

キタマクラ…(毒魚)

ちなみに、45グラムのタイラバにイカの切り身を付けてやってました。これ釣れる。

 

その後も1つのポイントで10分〜20分程度様子見ては移動。

水深は、湾内といえど20〜60mと結構深い。

30mくらいから吊り上げたお魚は↓こんな風になっちゃう。

 

各員、餌釣り、ライトジギング、ジグサビキ、タイラバ、エギ、テンヤなど試すものの釣れるのはエソと小さな根魚釣りのみ…

 

教えてもらったポイントとGPSに魚探を頼りにポイント移動を繰り返します。
f:id:hayato774:20190113162711j:image

途中、魚探にはっきりと魚群が映るポイントもあったけど何事も無く…


そんななか、1番有効だと思われた為、みんな行きしの釣具屋で購入したテンヤ仕掛けを使ってたデルさんに大きそうなアタリ!

 

タイか?ついにタイ来たか!?

 

とワクワクするも上がってきたのは、f:id:hayato774:20190113162618j:image

サバフグでした。

フグだけど無毒なフグらしいです!…が、よく似たものに猛毒のドクサバフグもあるそうなので念のためリリース。

 

私の胴突き仕掛けも3本針ぜんぶ噛み切られていて、こりゃあフグしかいないかなぁー。

 

と思って、タイラバにエサをつけて落とし込んでみたら、着底して巻き上げ直後に

 

ゴンッ!

 

うお!?掛かった!!

 

なんか重たいし引くぞ??

 

30m下からゴリゴリ巻き上げてくると、虹色に輝く魚体!!
f:id:hayato774:20190113162602j:image

イトヨリダイだーーー!

 

しかもデカイ!40センチ超えてました。
f:id:hayato774:20190113162615j:image

今日初めてのまともなお魚に沸き立ちます(๑´∞`๑)

早速締めて血抜きして再びタイラバにエサ付けて投入。

 

すると、今度は海底から5〜10m巻き上げたあたりで

ゴッ!!と重くなった。

 

さっきよりはいくらか軽いけど、ジェットセッター71sがきれいによくしなってる!

5本継のパックロッドだけどとっても使いやすくてパワーのある良い竿です(๑´∞`๑)高いけど笑

 

ほんで、上がってきたのは…
f:id:hayato774:20190113162611j:image

アオハタ!!これも高級魚!

サイズも30センチは超えてるグッドサイズ!

良いですな(๑´∞`๑)

 

しかし、この場所はこいつで見切りをつけてまた移動。

その後はカワハギを中心に狙うけど、釣れず。

釣れるのはリリースサイズのアカハタやホシササノハベラ。
f:id:hayato774:20190113162629j:image


14時過ぎに、帰港しました。

 

帰りにいつものPAでソフトクリーム(釣果勝負ででるさんに奢ってもらいました)食べて帰宅。しどーさん運転ありがとーう。

 

↓持ち帰った釣果
f:id:hayato774:20190113162606j:image

 

↓内蔵とウロコとって、
f:id:hayato774:20190113162636j:image

↓キッチンペーパーとラップで包み込んで↓下処理完了!明日、宮本さんちにてみんなで食べます(๑´∞`๑)
f:id:hayato774:20190113162644j:image

 

↓こちらはエソを卸したところ。
f:id:hayato774:20190113162622j:image

小骨が多いというだけで、味はとても美味しいお魚!包丁でミンチにしてつみれにする予定。
f:id:hayato774:20190113162632j:image

 

そんなこんなで、ほぼ徹夜での釣行後、帰宅して寝るのは2時ごろになったけど、楽しい一日になりました(^ω^)

 

また行きたい!

みやもと糀店4日目《糀蓋の修理作業》

みやもと糀店でのお手伝い4日目。

 

今日は糀を醸す時に使う「こうじぶた」の修理、補強作業しました。

 

箱なのに、フタっていうのはなんでだろう?

 

↓これが糀蓋(こうじぶた)

f:id:hayato774:20190109194608j:image

年代物なのと、毎回高温で蒸して殺菌するので木が痩せやすく、留めている釘も錆びやすい。

割れたり外れたりしてて、そこまででなくともグラグラガタガタなのがほとんど。

 

2日目と3日目はこれの洗浄作業をぬるま湯とタワシなどで行ったのですが、ガタガタで洗いにくい!笑

 

ということで、もう一旦補修作業やっちゃいましょう!ということで始めました。

 

ただ、板の厚みがかなり薄く、ホームセンターなどでは売っていない厚さ。

およそ4ミリ。しかも柾目板。

補修用の材が無いので、ひとまず釘を打って補強します。

 

↓これ、真ん中の下側を抑える板なんですが、真ん中が厚くなって、両端は薄くなった山型をしてるんです。
f:id:hayato774:20190109194553j:image

写真でわかるかな?

これは、発酵中真ん中の方が熱くなりやすいのでその部分は素材が薄くなるようにする為の工夫なんです。

 

その板が無くなってたので作りました。山型に。

12mmの板をノコギリで横に切れ込みいれて、それを小刀で削って、
f:id:hayato774:20190109194601j:image

 

カンナで仕上げていきます。
f:id:hayato774:20190109194557j:image

なかなか上手く出来ました^_^

 

そんな感じで2時間ひたすら釘打ちうちうちうつべしうつべしうつべし…
f:id:hayato774:20190109194604j:image

 

25個くらいは直せたかな。

ほぼ全部の補強が必要なんだもん笑

やりがいありますわい(^ω^)

 

明日も引き続きこの作業です!

野菜の宅配&包丁研ぎで出張っ!

今日はお世話になってるからからまとまったご依頼を頂いたので朝から(といってものんびり10時から)収穫作業。

 

種取りして植えた飛鳥あかねカブがこんなに大きくなってました!

f:id:hayato774:20190109202211j:image

元々はもっと細くてシュッとした日野菜カブみたいな感じなんだけど、これはなんか大根ぽくなってる。

 

9月ごろに種まきした半結球白菜もいい感じになってました。これは普通の白菜より巻きが弱く、細長くなるタイプで、葉っぱは少し固めです。
f:id:hayato774:20190109201632j:image

食べ方は白菜と同じように使えるよ。

 

これは、なんかファンネルっぽいけど、パクチーです。寒くなると地を這うようになるのと、生長すると株元が太くなる。
f:id:hayato774:20190109202214j:image

柔らかくて食べやすいのはここまで来る前で11月くらいが美味しいかな。でも、今の時期は寒さにあたるおかげで甘みが乗るんです。

パクチーなのに甘みがある。もちろん香りも強い。

 

↓これは何かわかるかな?
f:id:hayato774:20190109201635j:image

ほうれん草が生えてます。次郎丸ほうれん草。

種取りしたタネで生えてきました。タネ蒔いてから放っておいたけど、食べられる大きさになったね。

 

こいつはこの秋冬大きくなりまくったルッコラルッコラって名前の方が広まったけど品種名的にはロケットの方が正しいみたいですよ。
f:id:hayato774:20190109201628j:image

 

中葉春菊です。これも12月が暖かかったせいで茎が太くなってます。
f:id:hayato774:20190109201625j:image

大きく育ってたのですが、ここのところの急激な冷え込みや暖かくなったりの寒暖差でダメージをうけたのか、小さな斑点状の点が出るものもあります。

虫食いっぽいですが、虫がつくというのは何かしらの理由があるので、それが急な温度差なんじゃないかと。

 

本紅金時にんじんとあかねカブ。にんじんは土が固くなってしまったせいか伸びれずに縮こまったような形。
f:id:hayato774:20190109201613j:image

 

詰め合わせたらこんな感じになりました^_^
f:id:hayato774:20190109201621j:image

これで3,000円分くらい(送料別)

ちなみに畑に直接きていただけるなら3,000円でこの倍くらい持ち帰っていただけます。

(※季節や野菜の状況によって変わります)

 

お届け先にて、包丁の定期メンテナンス。
f:id:hayato774:20190109201618j:image

こちらは今のところ、出張の場合1本600円で承っております。

奥様いわく、金物屋さんに研ぎに出してたんだけど、それよりもずっとよく切れる!とお褒めの言葉頂きました(๑´∞`๑)

 

趣味を仕事に出来る楽しい時代です。