かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

家庭菜園向け講習会してきました!

今日は午前と午後にそれぞれ2時間ずつ講習会を2本行なってきました。

 

依頼主は、かれこれ7年以上のお付き合いになる株式会社マイファームさん。

 

午前は名古屋市内のイオンの敷地内にある名古屋東ファームにて。

 

午後は、日進にある日進オーガニックファームにて。

f:id:hayato774:20190218001420j:image

 

事前の資料などは準備せずに、当日の参加者さんに知りたいことを伺いながら進めるスタイルでやりました。

 

とはいえ、完全ノープランだと参加者さんも困ってしまうのでもちろん私の方でもある程度話す内容は考えて道具とか小物は持参しました。

 

ざっくり内容を言うと、

◯農具の種類と使い方

◯野菜につく虫や病気について

◯自然農法の考え方と取り入れ方

◯ジャガイモの種イモの選び方と切り方

◯タネの話、固定種、F1種、遺伝子組み換えについて

◯雑草でみる土の肥沃度

◯それぞれの畑のお悩み相談、栽培指導

 

などなどやりました。

 

これらの内容は、私のYouTubeチャンネル

【ちょこっと自然農】

https://www.youtube.com/channel/UCtjHGLwDs6CVp-6JU97v11g

↑こちらにて動画でお伝えしております。

コメントで質問頂けたら出来るだけお答えするようにしてますので、直接講習会に参加するのが難しい方や気楽に知りたい方はこちらをご覧にください(^^)

 

寒さ厳しい中に春の訪れ

先週くらいから寒波が来て寒くなったかと思えば、小春日和で暖かい日もあったりでなんとも言えない2月の気候ですが、畑は着実に春に向かっております。

 

比較的早くから花を咲かせる紅菜苔(中国野菜の菜花)

f:id:hayato774:20190215110343j:image

メインの蕾が開花した後に脇芽もどんどん伸びてきてて、今はそっちを収穫して食べてます。

 

うちの野菜はそのまま食べても美味しい。

 

寒さのおかげで甘みが乗って、無肥料栽培のおかげでえぐみがなく、無農薬だからそのままかじっても大丈夫。

 

ぜひDSB(ダイレクトサラダバー)しに来ていただきたいのだけれど、今の時期はほかに野菜も少ないからね。

 

とはいえ、ほうれん草、ルッコラ、小松菜、水菜、大根、ニンジン、菜花、白菜、パクチーなどと、書き出してみたら割と種類ありました笑

 

ぼちぼちジャガイモの定植も始めてます^_^

 

↓これは1年前に種まきしたフィルダークラウトというキャベツ。2年目になって花を咲かせてくれそうです。

f:id:hayato774:20190215110940j:image

だいこんせいかつ。

ここのところ、大根ばっかり食べてます。

f:id:hayato774:20190205225810j:image

ダイエットとか健康の為とかではなく、ただ単に畑にいっぱいあるから。

 

f:id:hayato774:20190205230312j:image

 

しかし、売るには半端な量だし、他に野菜の種類も十分になく、積極的に売れる状態ではない…

 

なので、ひたすら食べてる笑

 

幸いなのが、美味いこと(๑´∞`๑)

そして、ただ切ってポン酢やドレッシングかけるだけで食べられるお手軽さ。

 

すばらしい。

 

今日は新メニュー、ちくわ大根を開発。

f:id:hayato774:20190205230033j:image

キュウリをちくわに差し込むやつはあるけど、大根は見たことない。

やってみたら、見た目は白としろなので映えないのだが、食感的にはかなりいい組み合わせ。キュウリよりシャキシャキしてるし、ウチの大根今の時期辛くないから美味しいし、これは美味い。

ちくわ一袋全部食べちゃいました(๑´∞`๑)

 

さて、お腹すいたからまた大根サラダでも食べよかな。

 

食べきれない分は切り干し大根にでもしてみようか、それとも丸干ししてみようかなど考え中。

種芋の日光浴。

寒さがピークのこの時期ですが、そろそろ春の畑の準備を始めています。

f:id:hayato774:20190204114045j:image

こちらは、種芋にするジャガイモの芽出しの様子。

日光催芽(にっこうさいが)、日光育芽(にっこういくが)とも言います。

この日光催芽をせずに植えても育つのですが、まだ植え付けには早く、だいたい2月中旬から3月上旬に行うので、それまでに日の光に当てるておくことでしっかりとした芽を出してもらい、その後の生育を良くする為に行います。

 

種芋は日に当てないと、モヤシのような折れやすい芽が伸びてしまい、植え付け前にその芽が出るのは良くないのです。そのモヤシのような芽を出して養分を消費させない為に行うという意味もありますね。

 

ビニールハウスが出来ているのでその中に置いておこうかとも思ったのですが、温度が上がりすぎてしまうので、我が家の縁側にて行ってます。

日の光に当てて10日ほど経ったところで、全体が緑色になってきました。

f:id:hayato774:20190204114919j:image

こうなったジャガイモは食べると中毒を起こすので食べないように…

 

ジャガイモは芽だけでなく、緑化した部分にも毒が出来ます。

 

なので、食用に保管する際は、ダンボールなどに籾殻などと一緒に入れておくと良いです。

そうすると、光も遮れますし保温にもなるし、腐ったジャガイモが出ても、水分を籾殻が吸収してくれるので、ほかのジャガイモが汚れたり傷みにくくなります。

 

 

2匹の高低差

原稿執筆中、ふと横を見ると…

 

ん?

f:id:hayato774:20190204113515j:image

なんか、いつもより平べったい?

 

どうしたもかさん?
f:id:hayato774:20190204113509j:image

 

リラックスしきってこうなったのか?
f:id:hayato774:20190204113520j:image

潰れたおまんじゅうみたいにぺったりと低姿勢になってる。

新いなこの姿勢は。

 

 

それに対してミケさんはいつも通り高いところから我が家を見守ってくだすってます。
f:id:hayato774:20190204113506j:image

↑キャットタワーの上に鎮座する我が家の猫神さま。

 

今日も我が家は平和です(๑´∞`๑)

選挙に行こう

今日は愛知県知事選挙の日。

 

朝ごはん食べてのんびりと近くの集会所へ行って投票してきました。

f:id:hayato774:20190203094106j:image

投票システムが洗練されていて、とてもスムーズに済む。

 

筆記用具が鉛筆なのが未だに気になるところではあるけれど(嘘か本当かわからないけど、鉛筆なのは投票結果を書き直す為だとかいう話がある)

なぜボールペンじゃないのだろうか。その辺りを疑う人はサインペンとかボールペン持参で行くそうです。

 

 

恥ずかしながら20代前半の頃は、

 

「自分1人が投票に行ったところでなにも変わらないし時間の無駄」

 

くらいに考えてました。過去に行けるならちょっと行って説教してやりたい…

 

 

たしかに、1人の票でどうこうなるもんでも無いし、そもそもどっちの候補者も魅力的じゃないな…消去法で選ぶしかないや。

みたいなことは多々あります。

 

それでも行くようになったのは、投票もしないのに政治に文句言う資格は無いと気づいたから。

 

 

投票に行くと、どこの誰が投票に行ったのかまで分かるようになってるとは思うのだけど、大事なのはどう言った世代が投票に行っているかのデータになること。

 

当然ながら、政治家さんは当選しなければ仕事にならない。

まずは当選することに全力かけると思います。

 

となれば、どんな人達が選挙に来やすいのか、その投票に来る人達にとって有利な政策を掲げれば票を集められる

 

と考えるのが自然だと思います。

 

投票に行くのが若者は少なく高齢者の方ばかりだったら?

 

それなら高齢者に有利な政策を打ち出すでしょう。

 

企業票さえ集まれば勝てるのであれば?

 

それならば、大企業に有利な政策を掲げるでしょう。

 

 

それが嫌なら、まずは投票に行くことから。

 

そう思ってからは毎回投票に行くようにしました。

サツマイモの芽出し準備

ビニールハウスも完成して、ハウス内は天気の良い日は真夏のように暑いです。

f:id:hayato774:20190202204843j:image

今日は収穫体験に2組いらして下さったので、ビニールハウス内にてほしの珈琲開店。

 

収穫体験終えた後、再びハウスに戻りサツマイモの芽出し準備をしました。

 

昨年はこの時期にハウス内にて植えてみたところ、ネズミさんに地下から侵入され、ことごとく芋を食われてしまうということがあったので、今年はちょっと一工夫。

 

これです!どーん!

f:id:hayato774:20190202205054j:image

…はい、なんの変哲もない、ホームセンターで100円くらいで売ってる育苗箱でございます。

けど、これならネズミさんは地下からは侵入出来ないし、芋の根っこはすり抜けていけるから、守りつつ直植えと同じように芽出しが出来るのではないかと考えたのです。

 

やり方はというと、育苗箱が埋まるくらいの深さに土を掘って箱を設置。

そこに1/3ほど土を入れます。

f:id:hayato774:20190202205407j:image

 

この上に種芋にするサツマイモのを並べます。

 

f:id:hayato774:20190202205435j:image

 

あとは土を掛けておくだけ!

 

f:id:hayato774:20190202205517j:image

頭の方が土から顔出すくらいの方が良いかもですが、全部埋めても大丈夫です。

ただし、育っていた時の向きで植えてあげた方が良くて、ツルとつながっていた方が土から出るように、地下に向かって伸びていた方はしっかり埋めてください。

ツルとつながっていた側から芽がでて、地下に向かっている方からは根っこが伸びます。

 

これが逆だとだめなので、そこだけ気を付けます。

 

わかりにくいので、判別に自信が無ければ横にして全部埋めちゃえばよいです。

 

これでうまくいけば、3月下旬くらいには芽が伸び始めるはず。

 

乞うご期待!