かーびーの田舎暮らし

《自然農、魚釣り、体験イベント、DIY》好きなことで生きていく為の仕事やお金の稼ぎ方のヒントになるように綴る田舎暮らしのブログです。

久しぶりに魚釣りの先生。

コロナのこともあり、しばらくお休みだった佐久島での子ども釣り教室の先生に来ました^_^

10ヶ月ぶりくらいかな?

f:id:hayato774:20201004171006j:image

いつも通り、7:40の便で西港に到着。

 

そのまま西港でサビキ、ブラクリ、ちょい投げ、エギングなど各々の色々やりますが…

 

釣れない(´౪`)

 

回遊魚の姿も、イカの姿も全く見えず。

 

穴釣りで小さめのカサゴやタケノコメバル、カワハギ、ギンポ、イシガニが釣れたくらいで午前中終了。

f:id:hayato774:20201004171406j:image

あ、ふぐも釣れました。


f:id:hayato774:20201004171355j:image

 

根っこの家(根っこを育む自然塾の拠点)に移動して、釣ったお魚を捌いてご飯作り。

 

今年から、お昼ご飯用に魚を買ってくるのをやめたので、釣らなければお魚食べられません。

 

釣ったお魚は三枚おろしにして天ぷら。

 

のんびりお昼ご飯を食べたら、午後も釣り。

今度は違うポイントで入ヶ浦へ。

 

こちら、釣り人少なく到着したら堤防先端の方がエイを掛けてました。

サビキで釣れたアジを泳がせていたら釣れたそうです。

 

エギングを試してみるもアタリすらなく。

赤ちゃんイカ1匹だけ確認出来ただけで、スミ跡もありません。

 

終了30分前になって、サッパ狙いに切り替えてこれが入れ食い!

 

ジップロックが一杯になりました^_^

f:id:hayato774:20201004172105j:image

 

アジが1匹、カマスが3匹ほど混じって釣れたけどほぼサッパ。

 

とりあえず、私たちと猫さんたちへのお土産分は確保できました^_^

 

サッパは活性が高く、コマセ無しのジグサビキでも入れ食いでした。

 

そして帰宅後。

 

アジ、カマスが少し混じって70匹ほどサッパがつれてたみたい。

子どもたちに10匹ずつ分けたので残りは30匹ちょっと。

 

ポケモンを選ぶが如く、大塚刃物コレクションの中から舟行包丁を選びママカリの酢漬け作りの下ごしらえ。

f:id:hayato774:20201004210804j:image

 

小さい魚の方が手間が掛かる。

大衆魚、高級魚というのは、
昔なら人件費が限りなく安くされていたのでとにかくたくさん獲れる小さい魚は食べるのに手間が掛かろうが大衆魚、小魚に比べて個体数が少ない大きくて美味しいのが高級魚だったと思うのだけど、

 

捌いて仕込む手間を考えるとタイやブリなんかよりもよっぽどママカリの酢漬けの方が高級魚だなぁと思いながら1時間作業してました。

 

捌いて出た頭や中骨はミケさんとモカさんのご飯になり、2匹とも久しぶりの生のお魚に大変満足そうでした(๑´∞`๑)

 

 

鳥取出張2日目。念願の和鋼博物館!

鳥取出張2日目。

今回の主目的のもう一つ、ずっと、行きたかった和鋼博物館に行ってきました(^ω^)

f:id:hayato774:20201001115806j:image

うむ、みんなと別行動でよかった笑
私は学ぶものがたくさんあってとても充実したのだけど、普通の方は10分も居られない気がする。

 

↓この砂鉄から現代のいろーんな鋼に加工されていく系統図だけでも私は10分くらい読み込んで居られるw

f:id:hayato774:20201001115836j:image

 

素晴らしい資料がてんこ盛りすぎて何枚写真撮ったやら。

 

 

館内は平日ということもあり?私1人のみ(^q^)

この地で作られた鋼が色んな物に加工されて世界中に広がっていくんだなとか、

その源流となったのは、たたら製鉄もののけ姫でも出てきた『たたらば』のやつね)が起源となっててその古代技術が今にも生きてるとか思うと、もう、刃物好きとしては鳥肌なわけです(๑´∞`๑)

 

JAF割引260円で入館できたしバッチリ楽しめたのだけど一般の方にはあまりオススメしません笑

 

鬼滅の刃大河ドラマその他色々なエンタメの影響で、日本刀に興味を持った方はそれなりに楽しめるかも

 

f:id:hayato774:20201001120118j:image
f:id:hayato774:20201001120115j:image
f:id:hayato774:20201001120111j:image

 

でも、ここの博物館の周りには特に観光する場所も無いのでこの博物館目当てでなければふらりとはやってこないだろうね(´・∀・`)

人材の市場価値となくなる仕事、稼げる仕事

例えば、

農薬、肥料、資材に機械を駆使して何百、何千人分の単一作物(トマトとか米とか)を作れる人と、

農薬も肥料も使わず資材もほとんど自給して色んな野菜や作物を数人〜十数人分程度作れる人


現代までで、どちらが市場価値が高いかといえば前者だと思う。


これからもそうかな?


時代やテクノロジーの移り変わりで仕事やその内容、在り方もどんどん変わる。

今、流行りのプログラミングを学んで副業and独立というのも、あと何年続くかな。

 

自然農法をロボットが行う時代はくるのかなぁ(´・∀・`)

 

とか思いつつ、今日も絶賛人力作業なわけです(^ω^)

f:id:hayato774:20200617084249p:image

 

 

好きなこと、やりたいことを仕事にするには

【時々振り返ってみれば】

なんしか、再生数が数万回超えてるのがちらほら。

 

f:id:hayato774:20200612232641p:image

毎回、数千回は再生されるようになりました。

f:id:hayato774:20200612232656p:image

 

好きなことを、やりたいことを仕事にする。

 

よく聞く言葉。

 

それは、

 

『自分に合った自分らしい仕事がどこかにあるはず』

 

と思ってると中々見つからないと思う。

 

そうじゃなくて、

 

『自分の好きなこと、やりたいことをどうやったら仕事に出来るのか?』

 

それを考えて実践して改善しながら続けること。

 

その方が早いと思う。

 

 

…とか言いつつ、ここまで来るのに10年掛かってるけどね(^q^)

種苗法とか法改正のネット上騒動について思うこと。

今朝Twitterに書いた事に加筆。

 

なんでも、ただ反対だって言ったりネットに書き込むのは簡単なのだけど、

大切なのはそのことの問題点やリスクを指摘して改善する為の意見を述べる事だと思うの。

 

でないと、議論ではなくただの口喧嘩みたいなもので


「アイツのことが気に入らないから反対!」


という子どもみたいな話になりかねない。

 

昨今話題の種苗法も、しっかりと理解を進めた人は単に反対って言うだけじゃなくて、

 

『ここの部分にこういうリスクや問題点があるからこういう風に修正するのはどうだろう?』

 

という提案が出来るはず。

 

本物の野党の役割はそれのはず。

政治家は国民を写す鏡というのも悲しいかな、納得してしまうようなことが多い気もします。

 

どこかのネット記事やブログを引用したり拡散するのも、悪いとは言わないけれど、その前にきちんと読み込んで自分なりに問題点を認識しているかどうか。

 

100%同じ意見考えというのはなかなか無いはず。

 

問題点やリスクを認識出来ていれば、自分の言葉で提案を含めて発信する。

 

そういう人が増えたらネット上の意見や議論ももっともっと価値のあるものになると思います。

 

と、そんなことをバターナッツカボチャの種とりしながら考えてました。

f:id:hayato774:20200519124337j:image

 

ちなみに種苗法改正については、登録品種の自家採種禁止というのは私は納得できるし、開発にかけた労力は報われるべきだと思うから禁止で良いと思うのだけど、

 

自家採種を続けていった一般品種が登録品種に似通っていったり、あるいは自家採種していたものとそっくりなものが品種登録された場合に、訴えられたりしないように保護する旨を明確にして欲しいです。

 

あからさまに悪意を持って登録品種を自家増殖して不当に利益を得ようとする者は罰するのが良いけど、意図せずそうなってしまった場合の保護措置がほしい。

 

その辺りの線引きが難しいところだけれど、比較的やりやすくて実用的だと思うのは出荷量や販売額で制限する方法。

 

今の条文だと、販売や譲渡をしない場合は大丈夫となっているけれど、これだと家庭菜園や小規模栽培していたところに何かの間違いか、あるいは意図的に登録品種が混入させられて、出来た野菜を人にあげただけでも違法になる可能性がある。

 

だから例えば年間売上500万円とか1000万円未満の場合は不問。

 

それを変えるとなると明らかに意図的に自家増殖やってることと見なして罰則を設ける。

 

そうすれば、儲かる品種なら罰則を恐れてコソコソやるよりも適正な価格で種苗を購入してやる方が良くなる。

 

 

…と、こういう風に提案をしてみて、それを吟味して作り上げていくのが理想的なんだけどね。

 

 

自然農法のイチゴから見る人間のわがままとそれを叶えるための代償

無農薬、無肥料、連作、植えっぱなし、草取る以外はほぼ放ったらかしのイチゴですが、今年もでき始めました(^ω^)

f:id:hayato774:20200506195212j:image

 

イチゴの葉っぱには全くアブラムシついてないけど周りのカラスノエンドウにはビッシリついてるの。

f:id:hayato774:20200506195226j:image

 

f:id:hayato774:20200506195241j:image

 

 

虫って、野菜より雑草が好きな場合も多々あります。

 

無農薬でイチゴを栽培している珍しい農家さんの試行錯誤してきた時のお話で聞いたのですが、肥料をたくさん入れていた時はとにかくアブラムシが来て大変だったけど、ある時肥料あげなかったか、肥料切れしていたイチゴの株には全然アブラムシが付いていなかったり、アブラムシが集まって吸われまくった後に再生してきたイチゴの葉っぱにはアブラムシがつかなかったことを目の当たりにして、肥料が虫を寄せる原因だったことに気づいたそうです。

 

カラスノエンドウに虫がつくのはまた別の理由があるのかもしれないけど、無肥料栽培(自然農法)のウチの畑でも野菜にはほとんどアブラムシつかずに雑草や弱ってきた野菜についたりします。

 

 

そして、いろんな虫たちがたくさんいるから放っておいても受粉されて形のいいイチゴができます^ ^

f:id:hayato774:20200506195300j:image

 

f:id:hayato774:20200506195317j:image

イチゴの形が歪になるのは受粉してない場所が膨らんでいかないから。

 

f:id:hayato774:20200506195338j:image

↑これはなんか先端割れてるね。ちょっとだけつかなかったんかな?

 

 

だからハウス栽培でしかも1〜3月にイチゴを作ろうとなると、わざわざハウスの中にミツバチを放ったり、人間が手作業で受粉させないといけないんです。

 

ちなみに、イチゴって蜜がほとんど無いからハウス内に放たれたミツバチは餓死したり、ハウスの排気口に引っかかって死んじゃったりするそうです(イチゴ農家さんに聞いた話)


そして、肥料や薬も使わねばならなくなる。


…5月だけ食べるようにすればそういうの一切要らない気もするのだけどね。

 

鳥や虫たちにイチゴを食べられたりもするけれど何にもせずに見守ってると6割くらいは食べられるやつを残してくれる。

全体のうち、4〜5割はほぼ無傷できれいなイチゴが出来る。

 

それをぜーんぶ人間様のものだ!

虫も鳥も食べちゃダメーーーってなると、色々なことしなくちゃいけなくなる。

 

仲良く分けっこする気持ちでいると、

 

あ、残しておいてくれたんだね。ありがとう^ ^

 

という気持ちにもなる。

採れる量は半分になるけれど、その分手間は遥かに少ないし、なにより金銭的なコストが掛からない。

 

苗も昔の物なので自由に増やせる。

 

 

もっと甘く!

もっとたくさん!

もっと安く!

冬でも夏でも食べたい!

 

人間の贅沢やわがままを叶える為には不自然なことをしなければ出来ないことの一例かと思います。

死は次の生命の糧となる。

現代は、農業でも社会でも、生と死を切り離して遠ざけるようになっているけれど、

 

本来、生と死は共存していて、死は次の命の糧となり続いていく。

 

個としての命は、生まれて始まり、死で終わるけれど、集団としてみたとき、

 

自然界では物質的に、人間社会においては文化や思いとしても連なり続いていく。

 

そんな話がふとしたときに出るのが自然農法です。

f:id:hayato774:20200416202622p:image

オクラの種まきでそういう話につながるのよ(´・∀・`)↓
https://youtu.be/98-DsIcE8dE

 

f:id:hayato774:20200416202631p:image